妊娠中カフェイン過剰摂取

妊娠中のカフェイン接種について

妊娠中カフェイン過剰摂取が危険な3つの理由

 

妊娠中ってカフェインの過剰摂取は良くないって聞いたことはありませんか。
私も妊娠する前から妊婦はカフェイン接種を控えるべきであることは知っていました。

 

事実、スーパーなどでも、普通のカフェイン入りコーヒーの隣に
カフェインレスのコーヒーやタンポポ茶なども販売されているのを目にしていました。

 

妊娠中カフェイン過剰摂取が危険な3つの理由
私も学生のころから、コーヒーや紅茶といったカフェインが入った飲物が好きで
良く朝食や友達とのランチやカフェなどでも注文していました。

 

一日に何杯も飲んでいたとは言いませんが、朝と昼ごはんの時など定期摂取はしていました。
なので、妊娠中カフェインレスのコーヒーやタンポポ茶を試しましたが、
コーヒー好きには、カフェインレスのコーヒーは何とも風味もなく個人的にはあまり美味しいとは思えませんでした。

 

なぜ妊娠したらカフェインを控えなければならないの

妊娠中カフェイン過剰摂取が危険な3つの理由
では、なぜ妊娠したらカフェインを控えなければならないのでしょうか?

 

その理由として上げられるのは

 

カフェインは流産や早産、低出生体重児の原因になると考えられているからです。

 

そして妊娠中のカルシウム摂取は必要不可欠ですが、
カフェインは、尿に排出されるカルシウムの量を増やしてしまいます。

 

せっかくカルシウムを摂取しても、カフェインによりカルシウムが流れ出てしまうことになります。
そしてカフェインは鉄分の吸収の妨げにもなります。
せっかく、身体にいい物をと妊活サプリまとめなどで紹介されている妊活サプリを選んで
飲んでいるのにカフェインのせいで台無しになってしまう可能性もあります

 

 

妊婦さんがカフェインを大量に摂取してしまうと、胎盤を通してカフェインが胎児へ送られてしまいます。
赤ちゃんの肝臓はまだまだ未熟な為、大人とは違いカフェインを排出しきれずに体内に長期間残ってしまうのです。

 

カフェインは、赤ちゃんの小さなからだにとても大きな負担をかけてしまいます。
また、カフェインが原因で胎児の発育障害や胎児が死亡する場合があるという説があります。

 

カフェインは、母体の血流を減らし、アドレナリンを増やしてしまいます。
その為、胎児へ酸素と栄養が送られにくくなり、胎盤の血管が収縮し胎児が低酸素状態を起こし、
発育障害や胎児の死亡へ繋がると考えられています。

 

1〜2杯のコーヒーや紅茶はOK

妊娠中カフェイン過剰摂取が危険な3つの理由
しかし、これはあくまで一日に何杯もコーヒーや紅茶といった
カフェインを多く含んだものを摂取した場合です。
1〜2杯のコーヒーや紅茶ではそこまで深刻に考える必要がないと思います。

 

なぜならば、紅茶で有名なイギリスでは妊婦さんも朝は必ず紅茶を、アメリカではコーヒーを飲む習慣があるからです。

 

それに、私は偏頭痛もちで偏頭痛にはカフェインを摂取すると一時的に痛みが和らげることができるということを聞いたことがあり、
痛みがあるときはチョコレートを1粒食べたり、コーヒーをミルクで割って少しカフェインを薄めて飲んだりしていました。

 

授乳中の今でも痛みがあるといや、どうしても眠い時などはカフェイン摂取もしますが、
授乳直後に飲むようにして次の授乳までの間に摂取し終われるようにしています。

 

自分の体調と赤ちゃんの様子を見ながら、
ティータイムで体をリラックスするのもいいのではないかと私は思います。

妊娠中の食べ物について

妊娠中に体重管理は結構手間なものです。食欲が出てこなくなる悪祖の人もいたり、食欲が普段より多くなるタイプの悪祖の方もいます。予期せず体重の増加が早くなってしまったとき、我が家でも楽に出来る方法があります。
お風呂で時間をかけて温まりながら足の指からの関節を手当たりしだい、右に10回、左に10回と回してください。こうする事で滞りがちなリンパの流れが良くなり体重が増えにくくなります。

 

 

 

我慢できずに甘いものが食べたくなったら寒天ゼリーやおから入りのツイーツを自分用に作製することがおススメです。友人からのアドバイスで妊娠したら妊娠線が出ると言われ、不安になり色々調べてみました。
保湿することが大切と知り、安定期を過ぎると毎日毎日必死で保湿力の高いクリームを塗り続けました。

 

一日のうちに何度も塗り直すようにしていました。結局出産するまでに何個の保湿クリームを使ってしまったのか見当もつきません。自分が好きな香りが付いたクリームを塗ることで精神的にも良い効果がありました。そのためか、二人産んだにも関わらず妊娠線は出ませんでした。妊娠している間はホルモンバランスの関係で、精神的に不安定になりやすく、定期的なリラックスタイムが必要です。しかし、運動も食事も、妊婦さんには注意すべき点が多く、中々難しいですよね。

 

 

そんなときは、クラシック音楽を聞いてみたり、普段手が伸びにくい重めの本に手を伸ばしてみてはどうでしょう。母親が教養をつけておくことは産まれてくる赤ちゃんへの教育の第一歩になります。
軽い挑戦のつもりでやってみませんか。
妊娠後間もなく、酷いつわりにみまわれたのと、身体の負担が大きい仕事だったため退職しました。仕事を辞めるという人も多数いると思いますが、体に負担がかかり過ぎなければ、辞めなくてもいいと思います。妊娠期間中は葉酸をサプリメントで摂るよう指示されたためちゃんと飲んでいました。また、貧血気味だったので、処方された鉄剤と、加えて鉄分の含有量が多い食材を意識して食べるようにしていました。私は40歳近くの高齢出産でしたので、病院の先生方や友人のママさんから、いろんなことを教えていただきました。

 

 

少し体重が基準より重くなっていたので、体重をきっちり管理するよう言われました。しかしあいにく、食べていないと気持ちが悪くなる、いわゆる「食べづわり」だったので、一日中何かしら口にしている状態でした。
体重はあっという間に20キロ近く増え、足はむくみっぱなしになり、妊娠中毒にもなり、入院寸前の劣等生妊婦でした。

 

 

ですが、出産自体は1時間ほどですんなりと産まれましたので、最終的には及第点の妊婦だと自負しています。

 

ホルモンバランスが変わるため、妊娠中は精神が不安定になりがちで、日頃よりリラックスできるよう工夫することが重要です。
ですが、運動するにしても食事にしても、妊婦さんにとって気を付けなければならないことが多く、なかなか難しいですよね。

 

思いきって、クラシック音楽鑑賞や普段手が伸びにくい重めの本に手を伸ばしてみてはどうでしょう。
ママが教養をつけることは産まれてくる赤ちゃんへの教育の第一歩になります。肩肘張らずにトライしてみませんか。
私は、できちゃった結婚だったので、妊娠検査薬の結果を見たときは、本当に自分がお母さんに?と、喜ぶよりも漠然とした不安に駆られました。でも、愛する人との子供を産みたいと思い、初めてのことだらけで知らないこともたくさんあったので、色々調べている間に徐々に膨らんでくるお腹を愛しく感じていました。初めてお腹の中から蹴られた時には、とても大きな喜びに包まれました。

 

妊娠って毎日をとても幸せに変化を実感できることだと感じました妊娠期間中は第一に妊婦さん本人がイライラしないことが赤ちゃんにとっても大切なことだと思います。それが1人目の子なら特に自分の体の変化や生活環境に慣れず、自覚しなくてもストレスはたまっていくと思います。そんななかで十分な栄養を摂ることや赤ちゃんのためにと健康を意識することは当然ですが、過剰に普段の生活や食事を我慢することは逆に精神衛生上よろしくないような気がします。
ストレスなくのんびり過ごすのが一番だと思います。お腹がでてない妊娠初期は妊婦と分からず、自分から申し出ない限り他人からの手助けは得られません。
体調が悪い時が多い妊娠初期に無理すると、貧血をおこし転倒してしまったり、出血したり、最悪な事も起こりえます。

 

仕事や家事が思うように出来なくても、割り切って「今は休むとき」と自身に言い聞かせることが大事です。
妊娠中期に入ると、妊娠初期の身体の具合が嘘のように良くなります。
手助けしてくれた周りの人に感謝の気持ちを持ち、出来るようになったらすればいいと思います。

 

 

 

妊娠中は体重増加しやすい為、適度に運動を行うことが大切となってきます。
体調に問題がなければ軽くウォーキングで体を動かしましょう。

 

 

マタニティママ向けの体操教室に参加するのも良いでしょう。

 

 

 

しかし適度に運動が大事といっても、必要以上に負荷の高い運動は禁物です。
「疲れた」とか「体調が悪い」少しでも感じたら、すぐに休憩を取りましょう。

 

体に異変が出ない程度の軽い運動がちょうど良いのです。